もうすぐ梅雨が開けますねー。

秋の朝に旧福岡県公会堂貴賓館へ

お散歩,ライフ,建築レトロ,中洲,天神,建築,散歩

今日は平日お休み。
予定を入れていなかったので、午前中は散歩に出ることにしました。
秋口になると、毎日のように、出勤時やお昼休みに、あー、お散歩したいなあって思うのです。

チラシをどこかでもらってきて、行きたいなと思っていた
『大正モガとIHANAIのファッションイラストレーション展』を観に
旧福岡県公会堂貴賓館へ行くことにしました。

この建物は前から大好きで、
以前はジャック・モノーというすてきなカフェでした。
一度だけ行ったことがありますが、静かなお屋敷の中、といった感じのお店で、紅茶の種類がたくさんあったなあ。
時々カフェの紹介本や記事に載っていたように思います。

よく晴れた朝の9時前にうちを出ました。
まだちょっと肌寒い。
お散歩にはもってこいです。

DSC_1036
DSC_1038

もとはイラスト展目当てで行ったのですが、やっぱり建物に魅せられて帰って来ました。
もともと建築もレトロも好きなのだから仕方がないですねー。

各部屋の天井と床に大注目
シャンデリアは同じ形で揃えてあるようです。
直線的で四角い感じが、アール・デコっぽいかなあ、とよく知らないながら思ってみました。
入った途端、きれい!と思ったのは貴賓室で、さすがに、ひと味違う華やかさでした。

タイルや蝶番などの展示もありましたが、ひとつひとつが丁寧に考えられ作られたもので、昔の建築らしいなあと思いました。
蝶番ひとつにまできれいな意匠が施してあります。
心意気、ってものを感じました。

あー、なんだか、普段忘れてるなーこういうの。
自分の身の回りに置くものひとつひとつも、こうしたものにしようかな。
よく考え、手をかけて作られた、すてきなもの。
アイテム数はとても少なめにして。

朝一だったせいか他にお客さんはいませんでした(途中で多分外国の旅行者の方が来たみたいですが、声しか聞こえなかったのです)。
しんとした中、建物をたっぷり満喫しました。

一階にはカフェがあって、どうやら注文したものをセルフで運ぶシステムのよう。
購入したものは、他の部屋のようにきれいに保存再現された、旧食堂でいただけるみたいです。
その部屋も、照明が抑えられた、古いお屋敷のひっそりした一室のような雰囲気の場所でした。
今日は誰もいなかったのでとりわけそう思ったのかもしれませんが、これがお客さんでいっぱいになっても、あんまりごみごみした雰囲気にはならないんじゃないかな?
ジャック・モノーの店内がそうだったみたいに。

今日はそのあとに予定があってたので何もいただかなかったのですが、次回はぜひなにかもらってみたいと思います。
ちょっと気を惹かれるメニューもありました♪

館員さんたちがどなたもとても感じのいい対応、案内をして下さいました。
帰り際にはまたお寄りください、と送られたので、はい!と思い切り返事をしちゃいました。
ひとりでふらりと、たびたび寄るんじゃないかと思います。
入館料は200円。
天神から中洲に向かう途中、川のそばに建っています。

そうそう、肝心のイラスト展。
すてきでした。
おしゃれでとても美しい線や色、デザインの作品ばかり。

説明を読みながらなんだか泣きそうになる瞬間あり。
どの言葉だったか今正確には思い出せないのですが、ぐっと来る文章がありました。
いま、私達は、私達が、モダンガール
ああここにも心意気がある。
そしてまた、ファッションっていいなあ、とも改めて思ったのでした。
ちゃんとしたおしゃれ、したいなあ。

スポンサーリンク